Event is FINISHED

医者と患者が「人生最期の信頼関係」を築くには――佐々木淳×占部まり

Description
「人生の最期」に信頼関係を築く相手は、誰だろうか?

「死を想うことで、生が豊かになる」ことについて、様々な立場の方々と考える場を提供している占部まりさん。自身の活動の一環として現在、英治出版オンラインで「死を想う――その人らしい最期とは」を好評連載中。今回のイベントは、その連載と連動した対談企画です。

対談のお相手は、医療法人社団悠翔会・理事長の佐々木淳さん。悠翔会は都内10か所で在宅医療専門のクリニックを展開し、訪問医療を行う在宅患者数は現在約3,500人。その数は年300人のペースで増加。佐々木さんがこの10年で看取った患者さんの数は3,000人にのぼるそうです。

「医療の本質はサービスではなく信任である」という想いで臨床や啓蒙活動に取り組んでいた占部さんが、佐々木さんと出会ったのは昨年のこと。何よりも患者さんに寄り添う、佐々木さんの温かい心に感銘を受けた占部さんは、その姿はまさに「医療の本質の体現者」だと、英治出版オンラインの記事で綴っています。

今回の対談テーマは、医者と患者が「人生最期の信頼関係」を築くには
内科医として地域医療に長年従事している占部さんと、「終末医療×在宅診療ネットワーク」でいま大きな注目を集める佐々木さんが、人生の最期に「本当の信頼関係」を築くために大切なことを語り合うトークイベントです。

死を想うことが、これまであまり身近でなかった方や、なかなか前向きには捉えづらいと思われていた方にとっても、学びや気づきの多い場にしたいと考えています。当日は、登壇者おふたりの対談に加えて、登壇者と参加者のみなさんが語り合う時間もつくりたいと思います。

【対談トピック例】
・信頼関係なきサービスが医者と患者に落とす影
・語りえぬ関係性が生まれてしまう構造
・死を受け入れるために一人ひとりができる支援
・日本の在宅医療が直面する最大の課題

【イベント概要】
●日時:2018年7月17日(火)19:00~21:30
●会場:EIJI PRESS Lab(東京都渋谷区恵比寿南1-9-12 ピトレスクビル5F)
JR山手線 恵比寿駅 西口/東京メトロ日比谷線 恵比寿駅 徒歩3分
※リンク先では4Fへのご案内になっておりますが、直接5Fへお越しください。
●参加費:3,000円(税込み)
●タイムテーブル
19:00 開場
19:00~19:30 登壇者・参加者による交流(お飲み物をご用意しております)
19:30~20:30 第1部 対談:佐々木淳×占部まり
20:30~21:00 第2部 Q&A
21:00~21:30 登壇者・参加者による交流
21:30 終了

【スピーカー略歴】
佐々木淳(医療法人社団悠翔会 理事長)
1973年京都市生まれ。1998年筑波大学医学専門学群卒業、社会福祉法人三井記念病院に内科研修医として入職。その後、内科・消化器内科医員を経て、2003年東京大学大学院医学系研究科博士課程に入学。2006年東京都千代田区に在宅療養支援診療所を開設。2008年に法人化(医療法人社団悠翔会)、理事長に就任。現在、首都圏一都三県に在宅療養支援診療所を10拠点開設。76名の医師とともに3500人の在宅患者さんに24時間体制の在宅総合診療を提供している。

占部まり(日本メメント・モリ協会 代表理事)
東京慈恵会医科大学卒業。米国メイヨークリニックのポストドクトラル リサーチフェロー(1992~1994年)などを経て、現在は地域医療の充実を目指し内科医として勤務。宇沢弘文死去に伴い、2014年に宇沢国際学館・取締役に就任。2017年に日本メメント・モリ協会設立。

【連載のご案内】
本イベントは、英治出版オンラインで連載中の『死を想う――その人らしい最期とは』(占部まり)を読まれた方が、記事の感想や疑問を連載著者やゲスト、読者と共有し語り合うことで、気づきや学びを深める機会として企画されました。(※お読みでない方もお楽しみいただけます)


医療の発達に伴い、多くの人が天寿を全うする時代。誰もが前向きに人生の幕を下ろせるようになるには。「死を想う」をテーマに日本メメント・モリ協会を設立した著者が、その人らしい生き方と最後の時間を考える。

「死を想う――その人らしい最期とは」連載記事一覧はこちらから。

【ご注意事項】
●イベントの様子を撮影し、SNS等で紹介する予定です。写真撮影がNGの方は恐れ入りますが、事前にスタッフにお知らせください。
●キャンセルポリシー:イベント日から起算して、以下のキャンセル料を申し受けます。
前日23:59までのキャンセル依頼のご連絡:無料
当日キャンセル・ご連絡がない場合:100%、
※キャンセル方法はこちらをご確認ください。
※peatixの規定により、以下の場合は返金手数料としてキャンセル1件につき500円の手数料が発生します。
(1)クレジットカード払いにて支払日から50日以上経過している場合
(2)コンビニ・ATM払いでチケットを購入した場合
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#352309 2018-07-10 09:37:22
Tue Jul 17, 2018
7:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
EIJI PRESS Lab
Tickets
参加チケット SOLD OUT ¥3,000
Venue Address
東京都渋谷区恵比寿南1-9-12 Japan
Organizer
英治出版株式会社
2,076 Followers

[PR] Recommended information